壁掛けサーキュレーターで置く場所に困らない【買ってよかった】

レイカです。

サーキュレーターって、空気の循環や洗濯ものを乾かす等1年中使えるけど、置く場所に困るということはありませんか?

 
Rei
サーキュレーター床に置くと邪魔だと思うのはわたしだけ?

そんな私の悩みを解決したのは、壁掛けのサーキュレーターです。

使用してみての感想は

 
Rei
壁だから邪魔じゃないし、ちゃんと空気の循環できているのが実感できます。

デメリットにもなりますが、壁に穴を空ける必要があります

壁掛けサーキュレーターで置く場所に困らない

サーキュレーターの用途&効果

サーキュレーターと扇風機の違いは、「空気の送り方」です。

扇風機は「人の体に当てながら、空気を送る」という形で優しい風です。

一方サーキュレーターは「空気をまっすぐに送る」ため、風量が強いです。

そのためサーキュレーターは違う使い方ができます。

サーキュレーターの用途&効果について説明します。

  • 空気の循環による換気
    サーキュレーターを窓に向けて空気を送ることで効率よく換気ができます。
    部屋の中の空気を窓から外に出しながら、外の空気を効率よく室内に誘導します。
    首は振らずにまっすぐと窓に向けるのがコツです。

  • エアコンと兼用で、温度の攪拌
    冷房の場合は、冷たい空気が下にたまります。
    逆に暖房の場合は、温かい空気が上にたまります。
    そのためエアコンとサーキュレーターを一緒に使うことで、部屋の温度が攪拌でき快適な空間にできます。

  • 洗濯 室内干しの乾燥
    洗濯ものは風にあたることで乾きやすくなります。
    特に梅雨の時期は、サーキュレーターが大活躍します。
    衣類から出る水分の逃げ道を作るよう換気扇を回して喚起させるのもコツです。

  • 加湿器と兼用で、部屋の加湿効率を上げる
    加湿器と一緒に使用することで、部屋中の加湿効率が上がります。
 
Rei
サーキュレーターは一年中使える電化製品です。

サーキュレーターは床置きタイプが主流のため、置く場所に困る

サーキュレーターは家電量販店に行っても、床に置くタイプが主流ですよね。

 
Rei
私は床に極力置きたくないです。

サーキュレーターを床に置いて困ることは以下の通りです。

  • ロボット掃除機の邪魔になる
  • 圧迫感があり、生活感丸出しになる
  • 足に当たり痛い思いをする
  • ほこりがたまりやすい
 
Eika
足にぶつけて痛い思いしました。

そんな私に悩みを解決するぴったりの商品がありました。

壁掛けサーキュレーター商品紹介

今回購入したのは、壁掛けで使用するサーキュレーターとなります。

AND・DECO(アンド・デコ)360°首振り 壁掛けサーキュレーターの特徴

  • 首振り機能付き(360°)
    360度に回転できる首振り機能があります。
  • リモコン付き
    リモコン操作が可能です。
  • 自動offタイマー
    1時間間隔で最大7時間まで設定可能です。
  • メモリー機能
    前回電源OFF時の設定で運転を開始します。
  • 3段階の角度調整可能
    3段階に分けて角度を手動で調整できます。
  • リズム、おやすみモードや3段階風量調節

 
Rei
離れたところから操作できるリモコン付きがうれしいです。
 
Eika
音も静かだよ♪

風量は?

メーカー情報では風量は最大約15.1㎥/分、最大風速396m/分となります。

リビングで使用していますが、温度が十分に攪拌できていることが実感できています。

 
Eika
コンパクトなのにパワーはあるので問題ないかと思います。

首振り機能付き(360°)

360度に回転する首振り機能がありますがイメージがわかないと思いますので実際の撮影動画です。

参考に見てください。

3段階の角度調整可能

3段階の角度調整ができますので画像で参考にしてください。

1段階

2段階

3段階

壁掛けの取り付け方 参考

石膏ボードですと取り付けNGですので、「石膏ボードアンカー」や「下地」に固定してください。

プレートに引っ掛けて壁に掛ける形になっています。

私の家の壁は石膏ボードですので下地を探しました。

下地があるところに、ねじでプレートを固定します。

サーキュレーターを掛けて完成です。

 
Rei
簡単です。

壁掛けサーキュレーター 使ってみてのデメリットは

壁掛けサーキュレータを使ってみて感じたデメリットはこちらになります。

  • 賃貸物件だと壁に穴をあけられない
  • 360°回転なので、向きの調整が難しい
  • 壁固定なので動かせない

360°回転ですので、欲しい向きに調整するのが難しいと感じました。

また当然のことですが、あっちでも使いたいってときは壁から外して床において使うことになると思います。

賃貸物件だと壁に穴をあけるのは基本NGなのではと思います。

こういったものを活用し、壁をディアフォールにしてしまえば固定ができそうです。

 
Rei
DIYになりますが、これなら壁に穴をあけずにできそうです。

買ってよかった壁掛けサーキュレーター まとめ

壁掛けのサーキュレーターを買ったことで

 
Rei
床置きの悩みから解放 & 収納しなくてもいい

というのが買ってよかったポイントです。

風量としても問題なく、リモコンで遠隔操作でき便利に使用できるので良かったです。

こんな方におすすめします。

  • 壁に穴を空けても大丈夫な方
  • サーキュレーターを床に置きたくない
  • エアコンと兼用で温度効率を上げたい
 
Eika
あなたが「壁掛けのサーキュレーター」を使うことで「部屋がすっきりして、置く場所に困らなくなるよ♪」

では、また。

NO IMAGE

Reika Blog

『暮らしが楽になる便利グッズ』『ブログ運営』