【家電を制御】スマートリモコンとスマートスピーカーを連携し『Google Home』を使って家電を制御する方法【買ってよかった】

最近スマートスピーカーがディスプレイになった「Google Nest Hub」を愛用しているレイカです。

スマートスピーカーにディスプレイが付いたことで、フォトフレームや時間が表示されていて普段使いにも便利なものです。

スマートスピーカーと言えば

「音楽を聴く」ことができるだけと思いがちですが

こんなこともできます。

  • 「今日のニュース」「今日の天気」「今日の気温」の情報を教えてくれる。
  • 「電気をつけて」「エアコンつけて」「扇風機つけて」と家電の制御ができる。
  • スマートスピーカーと連携できる「電源タップ」や「物理的スイッチコントロール」を活用することで、「電源のコントロール」「ボタンを押す」といった応用した使い方ができる。
 
Rei
「おはよう」や「おやすみ」といったキーワードにカスタムすることで、すべての家電の電源ON、OFFといった制御することが可能です。
 
Eika
まさに「スマートホーム」化したい人は注目です。

この記事では

  • スマートリモコンで「Google Home」と連携して、家電を操作させる方法

について紹介していきます。

 
Rei
スマートリモコンを使うことで、スマートスピーカーに対応していない、すでにある家電も制御できます。

スマートスピーカーと『Google Home』で家中の家電を制御させる方法

「Google Home」を使って家電を操作させる方法

「Google Home」で家電を制御するには、2つの方法があります。

  • Googleアシスタント対応のスマート家電と連携
    →家電の機能として、「Gooleアシスタント対応」「アレクサ対応」となっているものです。
  • Googleアシスタント対応のスマートリモコンで家電と連携
    スマートスピーカーに対応していなくても制御できる方法です。

どちらもスマートスピーカーを経由して、家電の操作ができますが

スマート家電を買わなくても、すでにある家電で操作したい方はスマートリモコンを使う方法がおすすめです。

 
Rei
私は全部スマートリモコンを使って制御してます。

スマートリモコンとは

スマートリモコンを簡単に説明すると

スマホやスマートスピーカー(アレクサなど)から、色々な家電を操作できるようにするための学習リモコンです。

リモコンの操作を「スマートリモコンで代用して使う」ということです。

 
Rei
赤外線式のリモコンであればなんでも「スマートリモコン」で使うことができます。

つまりリモコンを使っている家電は、スマートリモコンさえあればコントロールできるのです。

「スマートリモコン」と「Google Home」を連携することで、家電を声で操作することができます。

 
Rei
いままでの話を図にしてみました。

こちらがスマートスピーカーのみで家電を制御するイメージ図

こちらがスマートリモコンを使った家電を制御するイメージ図。

 
Eika
なんとなくスマートスピーカーが操作するイメージができましたでしょうか?

私が使っているスマートリモコン紹介【RS-WFIREX4】

私が使っているスマートリモコンについて紹介したいと思います。

ラトックシステムの「RS-WFIREX4」というスマートリモコンになります。

 
Rei
アレクサも対応してます。

こちらの商品の強みとしては

  • 小型で16gと軽量
  • 色がホワイトで目立たない壁掛け前提の作り
  • 赤外線有効:最大30m
  • 明暗センサー搭載
  • 温湿度センサー搭載
  • タイマー&マクロ機能あり
 
Eika
白くて目立たないのでインテリアに馴染みます。

このスマートリモコンには、おもなメーカー・機種のリモコンデータがあらかじめ登録済み(プリセット)です。

 
Eika
なかには100均のリモコンもあったのがびっくりです。

350機種以上のリモコンの中から、モデルを選択するだけですぐに使えるものが多いです。
また、プリセットされていないリモコンも、手動でリモコン信号の登録が可能です。

 
Rei
とにかくこれを選んでおけば間違いないと思っています。

スマートリモコンの設定【スマートホーム化にむけて】

RS-WFIREX4 設定(Wi-Fi接続編)

スマートリモコン【RS-WFIREX4】の設定方法について紹介していきます。

 
Rei
アンドロイド版のアプリで紹介します。

ios版はこちらを参考にしてください。

ラトックシステム製スマート家電リモコンのセットアップ説明です…

スマートリモコンが家電に届く範囲で設置しましょう。(範囲は本体から30m以内であれば大丈夫かと思いますが、遮蔽物やドア等があると通信に影響します。)

電源はUSB電源となります。

設置場所に関してですが、壁に掛けることを想定して作られていますので

 
Rei
とりあえず天井付近など電波が届きやすい、高いところに設置するのをお勧めします。

使い方は簡単です。

まずこちらのアプリをインストールします。

インストールしたアプリを開き、次に画面に従って新規登録を行います。

登録が終わりましたら、アプリの右上の点が縦に3つあるマークをクリックします。

「家電リモコンの追加」をクリック

購入した家電リモコンを選びます。今回の場合は「RS-WFIREX4」となります。

お持ちのスマートフォンをWi-Fi 2.4GHz に接続しましょう。
また「RS-WFIREX4」を電源につなぎます。

 
Rei
スマートリモコンに電源入れてから5分以内に設定する必要があります。

スマートリモコンのWi-Fiを選択します。その後は画面に従ってスマートリモコンのWi-Fi設定が終了です。

Wi-Fiの接続が完了後、リモコンの名前を好きな名前で登録してください。

 
Rei
本体のLEDが消灯したら接続完了です。引き続いて、家電の登録に進みましょう。

RS-WFIREX4 設定(家電接続編)

 
Rei
続いてはスマートリモコンに家電を追加します。
 
Eika
今回は「テレビ」を例に紹介します

アプリの最初の画面に、追加した家電リモコン(名前は各自設定した名前で表示)がありますのでそれをクリックします。

右上の点が縦に3つあるマークをクリックします。

家電製品の追加」をクリック

「テレビ」を選択します。

お持ちのメーカーを選択してください。

参考に「パナソニック」を選択した時の画面です。
該当する製品名を選択してください。

選択したらテスト送信して、操作可能であれば完了です。

 
Rei
もし家電にリストがない場合は、学習機能があります。

手動で学習する」をクリックします。

アプリ画面の該当するボタンを押すと下の画像のようになります。

 
Eika
お持ちのリモコンで、スマートリモコンに向かって押してください!

一個一個のボタンを割り当てるようにします。

できましたらテストしてみてください。

 
Rei
これで完成です。
 
Eika
他の家電も同じように登録してくださいね♪

「スマートスピーカー」と「Google Home」を連携

 
Rei
スマートホーム化まであともう少しです!

家電リモコンアプリの設定

右上の点が縦に3つあるマークをクリックします。

Googleアシスタントの設定」をクリック

スマートホームを選択」をクリック

連携させたい家電製品を右上の+ボタンからクリックして、選択してください。

選択が完了したら、下にある「登録」をクリック

初めての方は、「次へ」をクリック

 
Rei
画面に従って、登録してください。
 
Eika
これで家電リモコン側の設定は終わりです。

Google Home側の設定

 
Rei
Google Homeアプリを開いてください。

アプリ画面の左上の「+」をクリック

デバイスのセットアップ」をクリック

Googleと連携させる」をクリック

家電リモコンスマートホーム」を検索し選択してください。

家電リモコンアプリで登録した「メールアドレス」「パスワード」を記入して、完了です。

 
Rei
これで「スマートリモコン」と「Google Home」を連携が完了です。
 
Eika
お疲れさまでした♪

スマートスピーカーに「○○つけて」とテストしてみよう

早速テストしてみましょう。

スマートスピーカーに向かって

 
Rei
「OK,Google テレビつけて」

と試してみましょう。

 
Eika
できたときは感動もんです!

スマートスピーカーと『Google Home』で家中の家電を制御させる方法 まとめ

 
Rei
できましたでしょうか?

スマートホーム化がこれで完成です。

ただ家電を1個1個呼びかけて、つけたり消したりするのは大変だと思います。

その場合は、「Google Homeアプリ」より『ルーティン』機能を使用すると大変便利です。

 
Rei
絶対やってください。やらなきゃ損です。

詳しくはこちらで紹介しています。

関連記事

どもスマートホーム化して快適に過ごしているレイカです。この記事では、「Google Home」でルーティンを設定する方法を解説していきます。 Rei絶対やらなきゃ損します。 Eikaルーティン機能を[…]

では、よいスマートライフを。

NO IMAGE

Reika Blog

『暮らしが楽になる便利グッズ』『ブログ運営』